「常に筋肉痛」で「常に超回復」

目安時間:約 4分

 

 

筋肉痛とは、筋肉の組織が壊されて筋繊維に炎症が出ている状態です。

 

筋肉痛が起こっている部位では

壊れた筋肉を元の状態より強く、より肥大させるために

超回復が起こっています。

 

 

最も効率よく筋肉を肥大させるには
筋トレをする部位を日ごとに分割する「分割法」が有効です。

 

>> 続きを読む

タグ:  

カテゴリ:HMB 超回復 プロテイン 

筋肉痛が常にある状態は筋肥大に最適

目安時間:約 4分

 

 

筋肉痛は、筋繊維の損傷によって炎症が起きることで発生する痛みだと言われており

筋肉肥大に欠かせない「超回復」と密接に関わっています。

 

 

超回復とは、損傷を受けた筋繊維が元より太く、丈夫に修復されることを言います。

 

超回復についての詳細はコチラ

 

>> 続きを読む

タグ:  

カテゴリ:超回復 筋トレ 

筋肉痛の時に無理してはいけない理由とその改善方法

目安時間:約 4分

 

 

筋肉痛は筋肉が超回復をしている証拠

 

 

 

筋肉痛は、筋肉に負荷がかかることで筋繊維がキズつき

そこが炎症を起こすことで感じる痛みです。

 

 

つまり、筋肉痛を感じている間は壊れた筋繊維の修復(超回復)は終わっていないので

筋肉痛を感じている間は筋トレを休み、休息をとることが重要です。

 

 

「筋肉痛は筋肉を使えば治る」は間違いです。

 

 

修復しきっていない筋繊維にさらに負荷をかけることになるので

それでは筋肉がいつまでたっても修復・肥大しません。

 

 

筋肉が超回復をするのにかかる時間は、約24時間~48時間だと言われています。

なので筋肉痛を感じている部位があるときは、そこの筋肉はしばらく休めておきましょう。

 

 

※正確には、部位ごとに超回復の時間は少しずつ異なる

 

 

 

 

筋肉痛が無くても筋肉は疲労している

 

 

 

筋トレを継続して筋繊維が破壊と修復を繰り返すと、筋繊維は丈夫になっていくので

同じ量の筋トレでも筋肉痛を感じなくなっていきます。

 

しかし、筋肉痛を感じなくなっても筋肉に負荷をかけるということは

筋肉は確実に疲労することになります。

 

 

無理してはいけないのは、筋肉痛が起こっている時だけではありません。

筋肉痛が起こらないからといって、過度なトレーニングをすると想像以上に筋肉は破壊されてしまいます。

 

 

筋肉痛が起こっていなくても

筋肉が疲労していれば、超回復は起こっています。

 

 

 

 

 

摂取するとより良い有効成分

 

 

 

筋肉痛が起こっている時、筋肉には自然治癒力(超回復)が働いています。

 

しかし、自然治癒力だけで筋肉を修復させるのは非効率です。
超回復が起こっている時に筋肉へ有効成分を届けてあげることで

筋繊維の修復も早まり、元より太く丈夫に肥大します。

 

 

摂取すると良い有効成分は数多くありますが

私が特にオススメするのはHMBという成分です。

 

HMBは、サプリメントとして2010年に日本での販売が解禁されたのですが

その驚異的な効果は業界内で注目を集めています。

 

 

 

HMBの正体とその効果とは?

 

 

タグ: 

カテゴリ:超回復 

当サイト一押しのサプリメント

「バルクアップHMBプロ」
 

筋肉合成の司令塔であるHMBを豊富に含んだサプリメント。

国内生産のHMBと相乗効果を生み出す有効成分も多数、配合されています!

 

HMBの詳細と商品レビューはコチラ

プロフィール

こんにちは!
管理人のにーろくです


「理想の体を絶対、手に入れる!」

このように決心してもトレーニングは続かないもの

なぜなら、効果を体感しにくいから。


当サイトはより早く結果を出し、
モチベーションを上げることに特化したサイトです!
記事カテゴリー

ページの先頭へ