【カタボリック状態を防ぐ!】筋肉の分解を抑制するために

目安時間:約 5分

 

筋肉におけるカタボリック状態とは、体内のエネルギーが欠乏して

筋肉が分解されていく状態を指します。

 

我々の体は、エネルギーが欠乏した状態になると
筋肉を分解してエネルギーを得ようとします。

 

特に、筋肉を肥大させるのに欠かせない筋トレは
体がカタボリックな状態で行うと分解される筋肉量は相当なものになってしまいます。

 

 

筋肉が肥大する条件は、筋肉の合成される量が分解される量を上回ることです。

 

 

カタボリックな状態を防ぎ、筋肉の分解される量をなるべく減らす努力をすることで

おのずと筋肉の合成される量も増やすことができます。

 

 

 

体がカタボリックな状態になる時

 

 

 

カタボリックな状態になってしまう時というのは
体の栄養素が不足しているときです。

 

筋肉の素となるタンパク質が不足しているときは

筋肉の分解が特に起こりやすい状態になっています。

 

 

空腹を感じる食事の直前や、エネルギーを消費しながらも補給ができない睡眠時などが

カタボリックな状態に陥りやすい場面です。

 

 

 

 

 

カタボリックな状態とどう付き合っていくか

 

 

 

カタボリックな状態、いわゆる筋肉が分解される状態は

深刻そうに聞こえますが、実は誰にでも日常的に起こっている作用なのです。

 

 

カタボリックな状態に、そこまで神経質になる必要はありません。

 

 

しかし、カタボリックな状態をなるべく防ぐことで

筋肉量の減少を抑え、筋肉の肥大をより早めることができるのは事実です。

 

 

筋肉の分解を最小限に抑えるために

今日からできる工夫、有効な対策は以下の通りです。

 

 

 

 

  • 筋トレは食後、しばらく経ってからがベスト

 

 

食後は体にエネルギーの補給がされるので、筋トレに適したコンディションに近づきます。

 

 

空腹時、カタボリックな状態で筋トレをしてしまうと

筋肉が大量に分解され、筋肥大の効率は最悪になってしまいます。

 

食後、体にエネルギーが十分に行きわたった状態で

筋トレをすることが重要です。

 

 

ただし、消化不良を防ぐために

食事を終えてから筋トレを始めるまでは、しばらく時間を置きましょう。

 

 

 

 

  • 寝る前や空腹時にはソイ・カゼインプロテインを飲む

 

 

ソイプロテイン・カゼインプロテインは低カロリー高タンパクであり

なおかつ、吸収速度がゆっくりで腹持ちが良いという特徴があります。

 

 

空腹時に摂取することで、低カロリーで腹持ちが良いという利点によって

余分なカロリーを摂ることなく、豊富なタンパク質を得ることができます。

 

 

また、両者は就寝前の摂取も効果的です。

 

我々の体は、寝ている間にもエネルギーを消費しますが

エネルギーの補給ができないので、カタボリックな状態に陥りやすいのです。

 

ソイプロテイン・カゼインプロテインは、吸収がゆっくりであることから

長時間、体にエネルギーを供給し続けてくれるので寝ている間のカタボリックな状態を防ぐことが可能です。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

当サイト一押しのサプリメント

「バルクアップHMBプロ」
 

筋肉合成の司令塔であるHMBを豊富に含んだサプリメント。

国内生産のHMBと相乗効果を生み出す有効成分も多数、配合されています!

 

HMBの詳細と商品レビューはコチラ

プロフィール

こんにちは!
管理人のにーろくです


「理想の体を絶対、手に入れる!」

このように決心してもトレーニングは続かないもの

なぜなら、筋トレは効果を体感しにくいから。


当サイトはより早く結果を出し、
モチベーションを上げることに特化したサイトです!
記事カテゴリー

ページの先頭へ