【筋肉合成を促進!】アナボリック状態を作り出す

目安時間:約 5分

 

アナボリックとは、筋肉にタンパク質やその他の栄養素を吸収して

筋肉や骨を合成することで「同化作用」という意味を持ちます。

 

 

体が「アナボリックの状態である」ということは

筋肉にタンパク質やその他の栄養素を吸収しやすい状態のことで

骨や筋肉が合成されやすい状態です。

 

つまり、筋肉の肥大がしやすい状態であるため

筋肉肥大の効率化には、アナボリックの状態を作ることが必要不可欠です。

 

 

 

「アナボリックの状態」を作るには?

 

 

 

筋肉が合成されやすい状態を作り出すには、筋トレを継続して

豊富なタンパク質を得ることが重要です。

 

 

筋トレをすると筋肉の組織が壊れ、一時的に筋肉量は減少します。

 

すると筋肉は、自身を修復するために

栄養を多く取り込みやすい状態になるのです。

 

 

筋肉が栄養を取り込みやすい状態の時に、筋肉の素となる豊富なタンパク質を摂取することで

筋肉はより多くのタンパク質を取り込んでいきます。

 

体を「アナボリックの状態」へと持っていくことで

筋肥大の効率は大きく向上するのです。

 

 

ただし、筋肉の合成にはタンパク質の他にも、ビタミン・ミネラルなど

栄養素がバランスよく必要です。

 

普段の食事でタンパク質だけでなく、

他の栄養素もバランスよく摂取することを意識しましょう。

 

 

 

 

「カタボリックの状態」を避けるには?

 

 

 

アナボリックに対して、体が筋肉を分解してしまう事を

カタボリックと言い、こちらは「異化作用」という意味を持ちます

 

「カタボリックの状態」とは体のエネルギーが不足してしまい、体の筋肉を分解してエネルギーを得ようとする状態で

筋肉の肥大を目指すうえでは、なるべく避けなければいけない状態です。

 

 

そんな、カタボリックの状態を避ける方法は

空腹である状態をなるべく避けることです。

 

 

空腹時には、我々の体はアナボリックよりも

カタボリックの方が優位な状態になってしまっているので

こまめにエネルギーを補給して、体を栄養で常に満たしておく必要があります。

 

 

特に、筋トレを継続して筋肉量が増えてくると

基礎代謝量が上がり、体が必要とするエネルギー量も増えていきます。

 

すると空腹を感じる回数も多くなるので、こまめなエネルギー補給は

アナボリックを優位にするために、より重要になってきます。

 

 

 

 

 

【まとめ】筋肉合成をより促進させるために

 

 

 

筋肉の合成と分解は、どんな時でも絶え間なく行われています。

 

しかし、効率の良い筋肥大を実現させるためには

「アナボリックを優位にさせ、カタボリックをなるべく避ける」ことが鉄則です。

 

 

そのために意識するポイントは以下の3つです。

 

 

 

  • 筋トレ後に豊富なタンパク質を得る
  • 空腹の時間をなるべく減らす
  • 食事の栄養バランスを意識する

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

当サイト一押しのサプリメント

「バルクアップHMBプロ」
 

筋肉合成の司令塔であるHMBを豊富に含んだサプリメント。

国内生産のHMBと相乗効果を生み出す有効成分も多数、配合されています!

 

HMBの詳細と商品レビューはコチラ

プロフィール

こんにちは!
管理人のにーろくです


「理想の体を絶対、手に入れる!」

このように決心してもトレーニングは続かないもの

なぜなら、効果を体感しにくいから。


当サイトはより早く結果を出し、
モチベーションを上げることに特化したサイトです!
記事カテゴリー

ページの先頭へ