クレアチンの効果を引き出す使い方と注意点

目安時間:約 5分

 

 

クレアチンはアルギニン・グリシン・メチオニンの
3つのアミノ酸から合成される成分です。

 

 

 

クレアチンを摂取することで得られる主な効果は以下の通りです。

 

 

  • 筋肉のパフォーマンスを高める
  • 除脂肪体重の増加
  • 筋肉肥大の促進

 

 

しかし、クレアチンはただ飲めば良いというわけではなく
より効果を引き出すための摂取方法が存在します。

 

 

 

クレアチンの効果をより引き出すためのポイント

 

 

 

 

  • インスリンとの深い関係

 

 

クレアチンは、インスリンの働きによって筋肉中に運ばれます。

 

インスリンは血糖値を下げる働きをもつホルモンなので
体の血糖値が上がった時に、インスリンが分泌されます。

 

 

よって、クレアチンの摂取タイミングは
血糖値の上がる食後が最適です。

 

 

また、プロテインは吸収を助けるために糖質を含んでいるものがあるので
プロテインと同時に摂取するのもオススメです。

 

 

 

 

  • HMBとの摂取で相乗効果が得られる

 

 

クレアチン最大の特徴は

「筋肉のパフォーマンスが高まり、負荷の大きい筋トレが可能になる」ことです。

 

この働きによって、より効率の良い筋トレができるようになります。

 

 

そしてHMBは、タンパク質が分解・代謝を繰り返して生成される物質です。

タンパク質の最終形態であり、直接筋肉の材料になります。

 

 

筋トレの効率が良くなり、同時に筋肉肥大の効果が高まるので

HMBとクレアチンの組み合わせは、非常に大きな相乗効果を得ることができます。

 

 

 

 

知っておくべき注意点

 

 

 

  • 水分をしっかり摂る

 

 

クレアチンには水分を細胞の中に引き込む性質があります。

 

この性質によって筋肉が引き伸ばされ、タンパク質の吸収を助けるので

筋肉肥大の促進につながっています。

 

 

しかし、体の水分が不足した状態でクレアチンを摂取していると

細胞の外にある水分が不足してしまい、肉離れなどの原因にもなります。

 

クレアチンを摂取する際は

こまめな水分補給を意識するようにしましょう。

 

 

 

  • クレアチンだけの摂取はあまり意味がない

 

 

クレアチンは基本的に筋肉の肥大をサポートするものであり

単体での摂取だと、あまり筋肥大効果は期待できません。

 

 

効率の良い筋肥大には、筋肉の原料となるタンパク質が必要になってくるので

クレアチンはHMBやプロテインとの摂取が、より効果を引き出すことができます。

 

 

 

タグ:  

カテゴリ:クレアチン 

プロフィール

こんにちは!
管理人のにーろくです


「理想の体を絶対、手に入れる!」

このように決心してもトレーニングは続かないもの

なぜなら、筋トレは効果を体感しにくいから。


当サイトはより早く結果を出し、
モチベーションを上げることに特化したサイトです!

当サイト一押しのサプリメント

「バルクアップHMBプロ」
 

筋肉合成の司令塔であるHMBを豊富に含んだサプリメント。

国内生産のHMBと相乗効果を生み出す有効成分も多数、配合されています!

 

HMBの詳細と商品レビューはコチラ

記事カテゴリー

ページの先頭へ