【筋肥大効果だけじゃない!】クレアチンがもたらす様々な効果とは?

目安時間:約 5分

 

 

筋肉の肥大について調べると「クレアチン」という成分を目にすることがあります。

 

クレアチンは、3つのアミノ酸「アルギニン・グリシン・メチオニン」から合成されるアミノ酸の一種で

筋肉中に存在する筋肉のエネルギー源です。

 

 

最も注目すべきなのは筋肥大効果なのですが
クレアチンは他にも様々な効果を持っています。

 

ここでは、クレアチンの様々な効果とその仕組みをお話ししていきます!

 

 

 

クレアチンの筋肥大効果

 

 

上記で述べたように、クレアチンは筋肉のエネルギー源として筋肉に蓄えられています。

そして、ここで注意しておきたいのは、クレアチン自体には筋肉を肥大させる力はないということです。

 

 

では、どういった点で筋肥大効果があると言えるのか?

 

 

クレアチンの働きによって筋肉のパフォーマンスが向上し、限界の高い筋トレができるようになります。

 

つまり、強度の高い筋トレを繰り返し行うことができるので

筋トレの効率が良くなり、結果的に筋肥大効果の促進に繋がるのです。

 

 

しかし、先程も述べたようにクレアチン自体には筋肉を肥大させる力はありません。

 

 

クレアチンは、HMBやプロテインなど

他の有効成分と併用することで、筋肉肥大の大きな相乗効果を得ることができます。

 

 

 

 

 

 

その他の注目すべき効果

 

 

 

  • 除脂肪体重の増加

 

 

除脂肪体重とは、体脂肪を除いた筋肉や骨、内蔵などの総重量の事です。

 

筋肉に蓄えられているクレアチンの濃度が高くなると
筋肉はそれを薄めようと水分を多く取り込むので、結果的に除脂肪体重が増加します。

 

 

 

  • 脳・神経の疲労回復

 

 

クレアチンは筋肉だけでなく、脳や神経にもエネルギー源として存在しています。

 

そこでのクレアチン濃度が高くなると、脳や神経により多くのエネルギーが送られ

疲労回復の効果が期待できます。

 

脳・神経の疲労回復によって、精神疲労の回復にも繋がります。

 

 

 

 

 

【まとめ】クレアチン単体での摂取はあまり意味がない

 

 

 

クレアチンは筋肉のパフォーマンスを向上させることが主な役割で、クレアチン自体には筋肉を肥大させる力はありません。

 

筋肥大効果を得るためには、クレアチンだけでなく

他の有効成分もあわせて摂取する必要があります。

 

 

そんなクレアチンと非常に相性が良いのは「HMB」です。

 

 

 

HMBとプロテインの相乗効果はバツグンで

大半のHMBサプリにはクレアチンが一緒に配合されています。

 

 

ちなみに、当サイトでオススメしているHMBサプリにも

クレアチンやその他の有効成分が数多く含まれています。

 

 

このように、クレアチンは他の有効成分とあわせて摂取することで

より効果を引き出すことができます。

 

 

タグ: 

カテゴリ:クレアチン 

プロフィール

こんにちは!
管理人のにーろくです


「理想の体を絶対、手に入れる!」

このように決心してもトレーニングは続かないもの

なぜなら、筋トレは効果を体感しにくいから。


当サイトはより早く結果を出し、
モチベーションを上げることに特化したサイトです!

当サイト一押しのサプリメント

「バルクアップHMBプロ」
 

筋肉合成の司令塔であるHMBを豊富に含んだサプリメント。

国内生産のHMBと相乗効果を生み出す有効成分も多数、配合されています!

 

HMBの詳細と商品レビューはコチラ

記事カテゴリー

ページの先頭へ